読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もう1時

息子が学校から帰って来て、夕食の用意をして、今日有った事を話していたら1時になってしまった。!Σ( ̄□ ̄;)
早く寝なきゃ。
明日も何かと忙しい。

また、早くから目が覚めた

いつも4時半頃の時間に目が覚める。
父のお世話の始まりの時間。
其れももう出来無い。
毎日、毎日、勿体ない位無意味な時間が過ぎて行く。
春休みが終わったらどうしよう?私1人?
一時はよからぬ考えが頭をよぎったりしたが、此れからは亡くなった父の元に行った時褒められる様な生き方をしよう。
そして、あれから良く頑張ったな。って言ってもらえる様に。
自分の身体と相談しながら勉強やレッスンも再開しよう。
折角、メンテナンスの時に高い弦に替えた事だし。
ずっとおじいちゃんが安定する迄はと思い 楽器だちをしていたから、考えただけでも怖わ!Σ( ̄□ ̄;)。
今、ふと、大学受験が終わり教授のお宅に母とご挨拶に行った時の事を思い出した。
泣かなかったのは貴方1人だけだった。と。教授に言われた時、最高の褒め言葉だと感じた。学内でも厳しいので有名だった先生。本当は、直ぐ其処まで涙が零れそうだったけど。( TДT)
それを思い出し、そうだ、私は強いんだ。
あの頃の事を思い出し頑張らねば。と…。
母には貴方はどんどんきつくなる。と愚痴られたけど。
まだ私には子供達がいる。
最強で、最高の宝物。
もう6時。時間が過ぎるのがやけに速く感じる。今日も一日が始まっていく。
今はまだ此の時間が一番辛い時間だ。
でも、おじいちゃんや子供達の為に頑張るぞ。 \(^o^)/
だから、安心しておばあちゃんの所に行って、大好きだったビールやハムやチーズを食べながら、不器用でお馬鹿な娘の愚痴でもこぼして下さい。
本当に申し訳御座いませんでした。また、長い事御苦労様でした。そして、有り難う御座いました。

寝られない

明日は葬儀で忙しいのに、どうしても寝られない。
最後に息子と娘からおじいちゃんへの手紙を読んだが、あんなに甘えん坊だった息子がこんなに立派な事を考え、私の事を思っていてくれたのかと思うと、親バカかも知れないが、とても嬉しかったし、誰かに自慢したい気持ちに駆られた。
娘も淡々としてはいるが、自分の進むべき道を進み、来年墓前に良い報告が出来る様に頑張り、今でも色々と口には出さないが、朝早くからお手伝いをしてくれている。何だか私の方が母親失格の様な気がしてくる位だ。
今回ほど子供達が居てくれて有り難いと思った事はなかった。
本当に二人には感謝です。
私の大切な宝物的存在です。
いつもいつも本当に有り難う。

今日が最後

今日がおじいちゃんがお家に居られる最後の日です。
とても淋しい。とても苦しい。
でも、おじいちゃんはもっと淋しかったし、苦しかったのかと思うとその半分でも私が背負ってあげる事が出来たら良かったのに。
おじいちゃんは、私の生きる生き甲斐でした。
其が明日で全てが終わる。
もう何も無くなる。
因果応報。此の言葉を胸に刻みながら毎日を過ごしていきたいと思っています。

父のドライアイスの取り替え

今日は父のドライアイスの取り替えの日です。
状態が悪いと引き取られてしまう。
一生懸命寒いけど我慢してエアコンをつけずに頑張った甲斐が有り、おじいちゃんを持ってかれずにすんだ。
お家が大好きだったおじいちゃん。
何が有っても慌てず、お家で看病していたらまだ、生きていたかも知れない。
考える事はいつも一緒。
私の判断ミスと、病院側の対応。
本当に今でも悔やまれて仕方が無い。
保健会社の方にも何処の病院か聞かれ、驚かれてしまった。
でも、何を話しても、何をしても、おじいちゃんはもう帰って来ない。
此の無念をどう晴らしたら良いのか?
思案中だ。
明日は晴れるといいな✨

やっぱり裏切られた

昨日から今日にかけては気分は最悪です。
やっぱり思っていた通りの解剖結果で、悔やんでも悔やんでも、悔みきれない。
でも、父の横で泣いて居る息子を見ると、この子を残しては死ねない。って思ってしまう。
また、娘は顔に出さない分また心配。
親は死も自由に選べない。
当たり前か。
はてなブログの方皆様が羨ましい。
素敵な奥様やご主人をお持ちで。
そして、其だけ愛されて。
亡くなられてもまだ、愛されて。
幸い私は主人には恵まれませんでしたが、子供達には恵まれ感謝かな。
おじいちゃんの面倒も一生懸命看てくれたし。
このまま優しさを忘れずに、強さも身に付けて欲しいです。
今日も子供達に感謝です。

やっとお家に戻って来た。

父がやっとお家に帰って来た。
どんどん49日が減ってしまう。っと気が気ではなかったので本当に嬉しい。でも、やっぱり司法解剖の結果は思った通り病院側の言いなりの心臓疾患で、痰ずまりではなかった。そして、2回も我慢をして手術をした気切も塞がれていた。
一体今迄の父の頑張りは何だったのか?
そして、やっとふっくらしてきた頬もげっそりと痩せていて、目も窪んでいた。
此の無念の行き場をどうしたら良いのか?
一気に身体中の力が抜けていくのが分かった。
子供達は気を使い食事の用意や後かたずけをしてくれたり、全く母親失格だなぁ。って思ってしまいました。今日はおじいちゃんの布団と毛布と枕を洗濯して。
其だけで疲れてしまい、でも、今日はこのままではおじいちゃんが可哀想なので、どんよりした身体を引きずり御花やお供物ご飯やお茶、お酒、果物をお供えした。
夜も寂しい。朝も目が覚めると淋しい。朝方必ず目が覚めると同時に酷い頭痛。薬で誤魔化して、薬が効くまで、またベッドに寝転がる。
大好きな私の父は人一倍気使いの父。
もう本当に私の事を心から心配してくれる人は居ない。
今日も無意味な日が過ぎていった。
母の時に自分で自分の心をコントロール出来る様に臨床心理士の友人に臨床心理を教えてもらったが、人の心はそう簡単には変えられない。と悟った。
ですが、母の時に少しでも免疫が出来ていただけましかと思った。
あ~。また、今日も夜が来た。